色数業界トップクラス!レイヤー様のための生地専門通販サイト

レザー調エンボス メタルバックサテン-モノトーン2702

154円(税込) /10cm
商品番号: CNC-MEBS01-MN2702
購入ポイント:7pt / 10cm
数量:   ×10cm

この生地のサンプル帳は準備中です。
詳細情報
  • 平理
  • 刀剣乱舞/姫鶴一文字
  • レザー調エンボス メタルバックサテンーゴールド・シルバー 2697
    メタルレザーver.3 - ゴールド・シルバー2016
    メタルレザーver.3 - ゴールド・シルバー2018
    メタルレザーver.3 - モノトーン2022
    ポリエステルジャガード ペイズリーーモノトーン2275
    厚手サテンver.2 - モノトーン1694

  • 投稿: めいこ様  登録日: 2021/06/04

    レザー調バックサテンとのことでエンボス加工合皮風サテンと比較されると思われるので比較しながらレビューします。 合皮風が【合皮】に分類されているのに対してこちらのバックサテンは【生地】に分類されているだけあって生地感が強めです。合皮風が相当に分厚い生地に対してこちらは少し厚みがある程度のサテンです。切りやすさ、縫いやすさもこちらが薄くてヨレやすいのでちょっと縫い辛い。ほつれも激しいので端処理必須です。 しっかり【生地】!なので合皮の代わりとして使うには光沢がありすぎるし生地感ありすぎるのですが、見方を変えると光沢反射具合が全く異なった新しいサテンではあるので、エンボス加工を生かした落ち着いたマットサテンの代わりとして使う、古めの生地感をだすなどアムンゼンの代わりとして利用するなどだとかなり有効だと思われる。アムンゼン代わりに利用しようと思います。 このブラック生地ですが写真だと合皮風と比べて光沢がなさそうに見えるけどそんなことはないです。バックサテン通りの光沢があり結構写真との差異があります。ここはマイナス。 縦メーターが無いのでレザー調より割高感があります。ここも少し評価ダウンポイント。


  • レザー調エンボス メタルバックサテン-レッド・ピンク2693
  • レザー調エンボス メタルバックサテン-レッド・ピンク2694
  • レザー調エンボス メタルバックサテン-レッド・ピンク2695

  • レザー調エンボス メタルバックサテン-ブラウン2698
  • レザー調エンボス メタルバックサテン-ブラウン2699

  • レザー調エンボス メタルバックサテン-パープル2696

  • レザー調エンボス メタルバックサテン-ブルー2700
  • レザー調エンボス メタルバックサテン-ブルー2701

  • レザー調エンボス メタルバックサテン-ゴールド・シルバー2691
  • レザー調エンボス メタルバックサテン-ゴールド・シルバー2692
  • レザー調エンボス メタルバックサテン-ゴールド・シルバー2697

  • レザー調エンボス メタルバックサテン-モノトーン2689
  • レザー調エンボス メタルバックサテン-モノトーン2690
  • レザー調エンボス メタルバックサテン-モノトーン2702

合皮風にエンボス加工(型押し)をメタルバックサテンに施しました。メタルバックサテンの光沢と、表面に合皮風にシボのある生地になります。加工前の生地はメタルバックサテンとなりますので、同様の厚手で柔らかめの生地質になります。
・合皮の風合いを出したい衣装や小物に最適です。サテン生地になりますので、合皮特有の臭いもありません。
・合皮と違い経年劣化による皮革部分の剥がれ等がありません。

※エンボス加工合皮風サテンとの違い
・こちらの生地は合皮風に加工されておりますが、サテンの光沢が強い生地になります。
・色味によって、エンボス加工の濃さ薄さに差がある場合がございます。

(組成:ポリエステル100% 生地幅:120cm)

【縫製】
家庭用ミシンで縫製できます。
60番の普通糸と11番の針での縫製を推奨します。

【お洗濯・お手入れ方法】
・水洗いできます。摩擦力に弱い素材のため手洗い、または洗たくネットに入れて弱水流コースで洗濯してください。混色の物は若干色落ちする事がございます。他のものとの共洗いはお避け下さい。
・アイロンはあて布をして裏面から中温でおかけください。表面からかけるとエンボス加工が薄くなる可能性がございます。
・繰り返し洗濯されると、エンボス加工が薄くなる場合がございます。

【オススメ用途】
合皮風マント ジャケット レザー風衣装(コルセット ドレス) 小物類 ハンドメイド バッグ等

【注意事項】
・傷つきやすい素材のため取り扱いには注意して下さい。
・濡れた際に色落ちする場合があるので、乾いたタオルなどですぐにふき取って下さい。
※生産時期(釜違い)により若干の色味、質感に違いが生じる場合がございます。

元の生地となりましたメタルバックサテンはこちらになります。

より合皮風味が強いものをお求めの場合はエンボス加工合皮風サテンこちらをお求めください。