★小物作例★リボンの作り方!その2!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

簡単なリボンの作り方はわかったけど、たれのついたリボンの作り方がわからない…。

なので今回は!!

たれのついたリボンの作り方を解説していきますよ~!!(∩´∀`)∩

最初から途中までは前回作ったリボンの作り方と同じなので、

前回のブログをまだ見ていない方はこちらからどうぞ♪→

今回もミシンなしで簡単に作れちゃいますよ♪

★材料

・生地
・布切はさみ
・手縫い針
・糸
・定規

・アイロン
・ミシン(あると便利!)

★作り方

今回は、リボンのヨコ幅15cm×タテ幅4cmたれの長さ15cmのリボンを作りたいので、

前回のブログの式に当てはめて、
(ヨコ幅15cm×2+縫い代2cm)×(タテ幅4cm×2+縫い代2cm)
の四角形と、

たれを作る時は、
(タテのリボンの幅×2+縫い代2cm)×(たれの長さ×2+縫い代2cm)
で型を取っていきます。

なので今回は、
(タテ幅4cm×2+縫い代2cm)×(たれの長さ15cm×2+縫い代2cm)
の四角形の生地を裁断します。

たれのついていない簡単なリボンの作り方のまで同じなので、
その続きから進めていきます♪

たれになる生地を横長の長方形になるように半分に折り、中心部分は生地をひっくり返すための間を空けて縫製をしていきます。

縫い目を中心に寄せ、アイロンをします。

両サイドをそれぞれ縫い合わせます。

この時、画像のように三角形に縫い合わせると、リボンのイラストなどでよく見る切り口のような形に出来ますよ♪

このような形にする場合は、縫製後にいらない縫い代をカットして下さいね!!

表側にひっくり返してアイロンを当てます。
この時にしっかりと角を出すのがポイントです!!

⑨でひっくり返すために開けておいた箇所を手縫いで縫っていきます。
表側も縫ってしまわないように気を付けて下さいね!!

リボンの輪部分とたれ部分の中心を縫い合わせます。
この時に、重ねる幅を変える事で少しリボンの雰囲気が変わりますよ♪

リボンの輪の中心が谷折りになるように、⑭で縫い合わせた中心部分を折っていきます。

リボンの結び目を作ります。
リボンの輪を作る時と同じように、
リボンの結び目の幅×2+縫い代2cm
黄色マーカー部分に出来上がりの結び目の幅をあてはめます。

後はリボンの輪と同じようにして①~⑤の工程をしていきます。

結び目を巻き付けて必要な長さで切り縫い合わせます。

最後にリボンの輪に結び目を通して形を整えたら完成です!!☆

如何でしたか?

リボンの幅や長さ、切り口などを変える事で様々な形のリボンが作れるので、是非色々試してみて下さいね°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

今回使用したアイテムはこちらからどうぞ♪↓

・キャラヌノサテン
・マットサテン
・スタンダードサテン
・ポリエステルジャガード プリズム
・シャンタンジャガード ローズ

・布切はさみ
・縫い針
・チャコペン