★お役立ち情報★レザー・エナメル素材の縫製方法!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

合皮やエナメルのように表面がツルツルとした生地って、いつもと同じ縫い方だと上手く縫えなかったりしますよね…

なので今回は!レザー・エナメル素材の縫製方法を紹介します!!

★使用生地
PUストレッチレザー
フェイクレザー
ソフトエナメル
エナメル薄地
メタルエナメル

◇縫い代の始末方法
レザー・エナメル素材は針の後が残り縫い直しがきかないので、注意して縫製しましょう!!

★片倒しステッチ
出来上がり線に合わせて縫製した後、縫い代を片側に倒し表からステッチし縫い代を留めていきます。

片側の縫い代を0.6~0.8cmくらいにすると、重なり部分に厚みが無くなり、スッキリとした仕上がりになりますよ♪

レザーやエナメル素材は、待ち針などで穴をあけてしまうといけないので、仮止めクリップを使って留めていきます。

★重ね合わせ縫い
片側は縫い代を付けず、裁ち目のまま重ね合わせてステッチで留めていきます。

クリップでは留められないので、メンディングテープで留めてから縫っていきます。

★割りステッチ
縫い代をアイロンで割り、表からステッチで留めていきます。

★割りテープ始末
表にステッチを見せたくない場合は、接着テープで縫い代を留めていきます。

★裾等の始末
裾等の始末は、ステッチで仕上げるか接着テープで縫い代を留めていきます。

レザーやエナメル素材にアイロンをする際には、必ずあて布をしてからアイロンして下さいね♪

如何でしたか?

製作する衣装に合わせて縫い代の始末などを変えてみて下さいね!!°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

レザー・エナメル素材を縫製する際にオススメのアイテムはこちらからどうぞ♪→

アイロン両面接着テープ
ソーイング用シリコン剤
仮止めクリップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする