★小物作例★布ぞうりの作り方!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

今回は、キャラヌノでハンドメイド!
「30コーマ天竺ニット」を使用して布ぞうりを作っちゃいました!!(∩´∀`)∩☆

「30コーマ天竺ニット」は生地の裁断面がくるっと丸くなる生地質なので生地端処理の必要もなし!
ミシン不要で布ぞうりを作ることができますよ!

◇使用生地・材料◇

★30コーマ天竺ニット 横幅170㎝×縦幅60cm
・30コーマ天竺ニット-グリーン2495
・30コーマ天竺ニット-パープル2510
★好きな生地 縦幅20cm
・ブロード生地 小花柄-2573
・カラーギンガムチェック 中-パープル2640

★注意!
製作するサイズで必要な生地量が変わります。

下の表を参考にしながら生地量を計算してくださいね!


・PPロープ 6~8mm(太いものほどふかふかに仕上がります♪)
PPロープは3本にほどけるものを選んでくださいね!
・ボンド
・糸
・手縫い針
・ハンガー 1本
・洗濯ばさみ 4個
・クリップ 1個
・セロハンテープ

◇型紙◇
型紙に当てながら制作していきます。
型紙のサイズは約23.5㎝です。作りたいサイズに合わせて拡大縮小してお使いください♪

少しかかとがはみ出るくらいがちょうどいいサイズです!☆

◇下準備◇
①「30コーマ天竺ニット」と「好きな生地」をそれぞれ縦幅7cmの横長いテープ状に切ります。
「30コーマ天竺ニット」は片足4本ずつ使用するので、8本裁断してくださいね!

「30コーマ天竺ニット」横160㎝×縦7㎝ 8本

「好きな生地」は2枚用意します。

「好きな生地」横60㎝×縦7㎝ 2本

②「PPテープロープ」を必要な長さ分切ります。
今回は23.5cmのぞうりを作るので2mを2本、鼻緒用のロープを6本切ります。

③鼻緒用のテープは3本ずつに分け、それぞれ両端と中心で3か所セロハンテープで留めます。

④「好きな生地」のテープを横半分に折り、生地端から5㎝程あけて並縫いをします。

⑤④でできた筒を表にひっくり返します。
この時生地端に安全ピンをつけてからすると簡単にひっくり返せますよ♪

⑥筒に②でまとめたロープを通します。

これで下準備はOK!
ここから布ぞうりを編んでいきます!

◇作り方◇
①「2mのPPロープ」の先から10cmの位置でセロハンテープで留めます。

②2つの輪を作り、内側のロープが交差するように置きます。

このときロープの中心と①で留めたセロハンテープ部分を重ねておきます。

③②で作ったロープを洗濯ばさみでハンガーに留めます。

このとき、長さが内側と外側でそれぞれ均等になるようにしてくださいね!

④上側の中心を持ち、「30コーマ天竺ニット」で作ったテープを1周巻きつけます。

「30コーマ天竺ニット」は最初に3~4cmほど長めに外側に出しておいてくださいね♪

⑤①で作ったセロハンテープ部分を中心にかさね、「30コーマ天竺ニット」のテープを編んでいきます。

⑥上下交互になるようにテープを編みます。

⑦端までテープを通したら、④で残しておいた3~4cmのテープの端をボンドで貼り合わせます。

⑧10cmの位置で留めたロープの間に指を入れ、その間(画像の②③の間)も通るように⑥と同様に上下交互にテープを編みます。

⑨中心部分(画像の②と③の間)に指を増やし幅を広げ、再度編んでいきます。

⑩型紙でサイズを確認しながら、1本目のテープの端まで編んでいきます。

⑪1本目のテープの端まで編んだら、ボンドで2本目のテープとつなぎ合わせます。
1本目のテープで2本目を包むようにしてつなぎ合わせてくださいね!

⑫型紙の鼻緒をつける位置まで編んでいきます。

⑬鼻緒をつけます。
1.つま先から約4〜5cmの位置に半分に折った鼻緒の中心を置き、端を編んでいる間(画像の1と3)に入れます。

2.鼻緒にテープを内側から外側に向かって1周巻きつけます。

3.編んでいるロープ(画像の4)に内側から外側に向かって1周巻きつけます。

4.上下交互になるように編みます。

5.反対側も同じように、内側から外側に向かって1周巻きつけます。

6.編んでいるロープ(画像の1)に内側から外側に向かって1周巻きつけます。

7.形を整えて、再度かかとまで編んでいきます。

⑭かかとまで編んでいきます。
かかとに向けてだんだんと狭くなるように、型紙に形を合わせて編んでいきます。

かかとまで編めたら、一度形を整えてくださいね!

⑮ハンガーからぞうりを外します。

⑯かかとの始末をします。
1.つま先から出ているロープを少し引っ張り、10cmの位置で留めたセロハンテープを取ります。

2.セロハンテープを取ったら、2本出ているロープを1本ずつ引っ張ります。

3.残りのロープも引っ張ります。かかとが丸くなるくらい引っ張れたら、かかとから出ているテープを12〜15cm残して切り落とします。

4.2で締めたかかとのロープを割り箸で少し引っ張りだし、3で残ったテープを巻きつけて、かかとが丸くきれいな形になるように1〜2周ほど巻きつけます。

5.ぞうりを裏に返し、編み目を4〜5ほど割り箸ですくい、その間に残ったテープを通します。通して外に出ているテープを切り落とします。

⑰つま先の始末をします。
1.つま先から出ているロープを12〜15cm残して切り落とします。

2.つま先から4〜5cmの位置に割り箸で隙間を開け、鼻緒の中心を通します。

3.裏から出ている鼻緒の中心の輪に1で切ったロープを通します。

4.ロープをしっかりと抑えながら、鼻緒の中心を表側に引っ張りだします。
このとき、表側に戻しすぎないようにしてくださいね!

5.裏の編み目を4〜5本ほど割り箸ですくい、ロープをそれぞれ通します。

6.ロープをそれぞれ解き、内側1本のみを解けないようきつく結びます。

7.残ったロープを切り落とします。6で結んだロープは結び目から1〜2cm先の位置で切り落とします。

8.表に返し、鼻緒の内側(画像の赤丸部分)を表から見えないように手縫いで縫い留めます。

⑱鼻緒の始末をします。
1.ぞうりに手を置き、鼻緒の緩みを確認します。

2.裏に返し、鼻緒の布をつけ位置まで開きます。

3.ロープの先のセロハンテープを外します。

4.3本のロープをそれぞれ1本ずつ反対側のロープときつく結びます。

5.不要なロープを切り落とします。

6.結んだロープにボンドを塗り、2で開いた布で包みます。

7.余り布を被せるようにして縫い付けます。

完成!!

如何でしたか?
30コーマ天竺ニットで作ることでふかふかもちもちとしたぞうりに仕上がります!
夏は30コーマ天竺ニット、冬はソフトファーなど素材を変えることで年中使用していただける室内履き用のぞうりになります!
衣装制作等で余った生地でも制作できますよ!
ぜひ作ってみてくださいね!!!°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

動画でも作り方を解説しております!
ぜひ動画もチェックしてくださいね!♪↓

★キャラヌノ使用生地まとめ★
・30コーマ天竺ニット
・ブロード生地 小花柄
・カラーギンガムチェック 中
・布切はさみ
・糸
・縫い針
・ボンド

★布ぞうり制作にオススメ★
・ソフトファー
・起毛コットンフランネルチェック
・タータンチェック生地